お知らせ


「資料室」にファイルを追加しました。

2020/09/19 23:56 に 管理人Kondaroid Lab が投稿   [ 2020/09/19 23:56 に更新しました ]

「知恵の厳選」の「資料室」に、日向清人さんからご提供いただいた、下記3つの資料を公開致しました。

・ビジ英頻出不可算名詞.pdf
・可算名詞チャート.jpg
・不可算名詞チャート.jpg

対策版リリースのお知らせ:iOSのダークモードで表示が不正になる問題

2020/09/14 6:29 に 管理人Kondaroid Lab が投稿

下記4アプリで発生していた「iOSをダークモードにしている場合に一部表示が不正になる」問題の対策版が公開されました。
なお、OSがダークモードであっても、これらのアプリはダークモードとならず、ライトモードとして動作致します。

・GSL Quiz
・ネイティブが最初に教わる262単語
・国際標準CEFRの英単語初級
・国際標準CEFRの英単語中上級

資料室を開設しました。

2020/09/13 21:22 に 管理人Kondaroid Lab が投稿   [ 2020/09/19 23:59 に更新しました ]

「知恵の厳選」の下に「資料室」を開きました。

まずは、日向清人さんからご提供いただいた、下記3つの資料を公開致します。

・GSL単語とはなにか.pdf
・カンマの使い方.pdf
・ディクテーションのメリット.pdf

iOSのダークモードで表示が不正になる問題

2020/09/13 16:41 に 管理人Kondaroid Lab が投稿   [ 2020/09/13 16:41 に更新しました ]

下記4アプリで、iOSをダークモードにしている場合に一部表示が不正になる問題が出ています。
現在、対策版が App Storte の審査待ちの状態ですので、しばらくお待ち下さい。

・GSL Quiz
・ネイティブが最初に教わる262単語
・国際標準CEFRの英単語初級
・国際標準CEFRの英単語中上級

製品・作品情報にページを追加しました。

2020/09/13 16:35 に 管理人Kondaroid Lab が投稿

製品・作品情報に、下記のページを追加しました。

・経済・ビジネス英語辞典 BizDictEJ

製品・作品情報にページを追加しました。

2020/09/13 5:38 に 管理人Kondaroid Lab が投稿

製品・作品情報に、以下の3ページを追加しました。

・ネイティブが最初に教わる262単語
・国際標準CEFRの英単語初級
・国際標準CEFRの英単語中上級

GSL Quiz製品情報の修正

2017/01/30 23:09 に 管理人Kondaroid Lab が投稿

価格の変更が漏れていましたので、修正しました。
Android版もiOS版も 600円 です。

クイズの英文や選択肢が、書籍の版によって一部異なるものがある旨を明記しました。
異なる点は、リリースのお知らせで「変更」としているものになります。

GSL Quiz for Android/iOS 修正版リリースのお知らせ

2017/01/30 23:01 に 管理人Kondaroid Lab が投稿

クイズに以下の修正及び変更を加えました。

[クイズNo.1800]
問題文末尾近くの余分な in を削除しました。

[クイズNo.2799]
選択肢を [ is opposite / is opposite to ] に変更し、合わせて正解も変更しました。

[クイズNo.3060]
選択肢を [ of / with ] に変更しました。正解に変更はありません。

GSL Quiz for iOS の不具合のお知らせ

2017/01/14 7:00 に 管理人Kondaroid Lab が投稿

回答方式として二択を選択している場合、不正解の場合も正解数にカウントされてしまう問題が発覚致しました。
そのため、正答率が正しく表示されず、また、不正解があっても一サイクル目で全問正解とみなされてしまいます。
数日以内に対策版を公開致しますので、暫くお待ち下さい。
なお、キーイン方式の場合は問題ありません。

GSL Quiz 1.2 リリースのお知らせ

2016/12/20 20:59 に 管理人Kondaroid Lab が投稿

Android版、iOS版とも、下記機能を追加しリリース済みです。

クイズの回答方法として、従来のキーイン方式に加えて、選択肢(二択)をタッチする方式を選べるようにしました。
ナビゲーションメニューの「回答方法」に現在の方法が表示されていますが、そこをタッチするたびの回答方式が切り替わります。
挑戦状況などの状態は、回答方法ごとに管理されますので、状況に応じて使い分けることができます。
じっくり修得するためのお薦めはキーイン方式ですが、復習や、電車の中など身動きしにくい状況で手軽に回答する際には、タッチ方式をご活用ください。

1-10 of 26